ゴールデンミャンマー航空

ミャンマー都市別ガイド

    ヤンゴン

  • ヤンゴン

    トヤンゴンは、2006年までのミャンマー首都であった都市です。ヤンゴン川を河口から30km遡ったところにあるので、海路、空路での、 ミャンマーの玄関口となっています。
    昔はOkkala(オッカラ)という名前で、2500年前の釈迦の遺髪を祀るためにシュエダゴンパゴダが建造された後に、 巡礼地として有名になりました。当時は一般には「ダゴン」と呼ばれていましたが、1755年に、コーンバウン王朝の創設者であるアラウンパヤー王がミャンマーを 征服した際、戦いの終わりを意味する「ヤンゴン」と改名しました。

    ポルトガル(人)の拠点であったシリヤム(現・タニン)がアナウベッロン王に破壊された後、ヤンゴンは国内に向けても、 国外に向けても重要な港となりました。1852年の第2次英緬戦争にて下ビルマがイギリスに割譲され、イギリス統治政府はヤンゴンを英国風にラングーンと改めましたが、 ミャンマー王国の王都は引き続きマンダレーに置かれました。

    ラングーンの都市計画は、英国人技師のLieutenant Fraserによってなされましたが、このFraser技師はシンガポールの 都市計画を立案した人物でした。
    熱帯の木々、花々に飾られた、涼しく陰影に富んだ公園、美しい湖はいつしか、ヤンゴンに"Garden City of the East (東方の庭園都市)"という称号をもたらすようになりました。

    ヤンゴンは約5百万人の人口がいるにもかかわらず、緑にあふれ、場所によってはジャングルといっていい状態にあります。
    近代化の波にのまれておらず、独自のペースで独自の発展を遂げつつあるヤンゴンは、アジアの同規模の都市と比べても、全く違った印象を与えます。
    夜になると大通りはおいしい食事や葉巻を供する屋台がひしめきあい、非常に活気づきます。植民地時代の古く汚れた建築群にさえ目をつぶれば、ヤンゴンがアジアで最も魅力的な都市であることに賛意を表する人は多いはずです。

  • バガン

  • バガン

    バガンは、中央ミャンマーの乾燥地帯、エーヤワディー川の左岸に16平方マイル(約40平方キロメートル)に渡って広がる、 ミャンマーでは最も有名な歴史遺跡群です。

    11~13世紀に建造され、現在までよく保存された2,200を超える建造物の全てが仏教に捧げられています。当時この地を支配した王たちは、バガンの人々をまとめ、社会的、経済的なシステムを機能させるための基本構造を作り上げましたが、これが現在のミャンマーの基礎となっています。

    彼らの指揮下、バガンは繁栄し、洗練された都市になっていきました。隣接地域からも、この繁栄を目当てに人が流入してきました。バガンは城壁に囲まれており、仏塔や寺院はどこからでも見渡せます。
    こうした宗教的な建築物は、「塊の」仏塔と「空洞の」寺院で構成されています。「塊の仏塔」は通常、頂華で飾られた、鐘のような形のドーム型をしています。球根が縦長になったようなドームは、それが非常に古い時代のものであること を示しています。より後世に建てられた仏塔は、高く、先細りの形をしています。寺院は、バガンの宗教的な建築における、もう一つの主要な存在です。

  • マンダレー

  • マンダレー

    ミャンマーの都市では最も「ビルマ的な」、ミャンマー第2の都市です。イギリスに占領されるまではミャンマーの王朝が置かれた首都 でした。
    マンダレーは海抜200フィート、1853年にミンドン王によって建設されました。王宮の北東にある、高さ236メートルのマンダレー・ヒルから その名がとられました。ミャンマー最後の王朝の王都として繁栄を謳歌し、王宮、城壁、パゴダ、僧院を含む建造物の多くは、アマラプラから遷都された後 すぐに造られました。マンダレーは現在でも文化的な中心として非常に重要な位置にあります。

    マンダレーは第2次世界大戦で完全に破壊された後、そのプライドと栄光は部分的に修復されました。
    文化的、宗教的に重要な大建造物、木造の、曲線が美しい仏僧院、ミャンマー建築の大傑作といったものが、マンダレーにはたくさんあります。同時に、音楽と踊りの伝統ある都でもあります。仏典を学ぶために、ミャンマー全土から僧侶がマンダレーにやって来ます。

  • インレー湖(ヘーホー)

  • インレー湖(ヘーホー)

    靄のかかった青い山々に囲まれたインレー湖はシャン州で最も風光明媚な場所である。海抜900メートル、縦22.4km、幅10.2km。 浅く、絵のように美しい。

    小舟の片足漕ぎで有名なインダー族が暮らしていおり、周辺には100を超す仏教の寺院、僧院が点在している。インダー族は インレー湖で生活を営んでいます。
    湖上に木や竹で屋根を葺いた家を建て、また湖底から掻き出した泥や浮草などで何層ものマットで浮島をつくり、野菜や花を育てています。この農地は長い竹竿で湖底に固定されています。これらの「農地」は別の場所に曳航していくことも可能です。

  • ガパリビーチ

  • ガパリビーチ

    ヤカイン州の海岸線に3kmに渡って位置し、「東のナポリ」として知られる、ミャンマーで最も美しいビーチです。

    ヤンゴンから飛行機で1時間半、車ではピィ経由で14時間。

    18ホールのゴルフコースと、Bay View HotelやSandoway Beach Resortのような高級ホテルからNgapali BeachやSilver Beachといった 庶民的なホテルまでの様々なホテルがあります。
    5-S、つまりSea、Sand、Sun、Swim、Snorkelingを愛する人にとっては、絶対に訪れるべきリゾート地です。

  • ミッチーナ

  • ミャンマー北部のカチン州の町。エーヤワディー川の河畔にある。人口約14万人。 第二次世界大戦中、日本ではミイトキーナと呼ばれた。ビルマの戦いの戦場となったことで知られる。
    ミッチーナの近郊には、ミッソンなどの景勝地があります。太平洋戦争の激戦地でもあるミッチーナには、慰霊のために訪れる日本人も少なくはありません

  • タチレク

  • シャン州にある都市。サーイ川を挟んでタイのチエンラーイ県メーサイと国境を接しているのでタイ側から観光客や買い物客が多く押し寄せている。通貨はチャットでなくバーツ。外国人観光客にも人気がある。
    タイ、ラオス、ミャンマーの3ヶ国の国境が交わる黄金の三角地帯からも近い。

  • プータオ

  • 周りを険しい山々に囲まれた、カチン州にある人口約1万人のミャンマー最北の町。ここより北は村落しかない。 カカポラジ山やポンカンラジ山への登山への拠点となっている。

お問い合わせフォームへ ページのトップへ